永住権の取得に向けて、「警察証明書」申請のため警察署に指紋採取へ!

まずは警察署に電話。。。
「10時から2時の間受け付けます。でも私たちのランチ時間は避けてください」と言われましたー!(なんというサービス!)

スーカーレットはお留守番を予定してましたが、一緒にお出かけしたそうなので。。。
警察署くらいなら大丈夫かな。。。。キャリーバッグに入れておけば。。。(?!)
c0164491_23594826.jpg


ダウンタウンまでは車で20分ほど。
今日もいいお天気で気持ちいいドライブです。

そして辺りは紅葉が始まっていましたー!
ルンルン気分で周辺を散策した私たち。

そしてその後は、、、、、
c0164491_054039.jpg


中から、超怖そうなおば様警官が登場。
そして、3重もの扉(鉄格子)を開いて私を中に連れて行きました。
窓もなく薄暗い廊下!

「ここは牢屋ですか!?」って聞いたら「YES」。

廊下のコーナーで、変な検査機器と汚い洗面台。

(おば様) 「荷物をそこに置いて、手を洗ってこちらに来てください」 ←(超不親切で怖い口調なんです!)

ビクビクしながらの私。。。
でもキャリーバッグにはスカーレットが!!!
>(私)「 怪我をしてる子犬がいるのでバッグは持っていていいですか!?」
(↑もちろん適当に言いました)

(おば様) 「Oh my god! ここは子犬の来る場所ではないわよ!」みたいに嫌味をいわれ、軽い説教。そして彼女は不機嫌になっていましたー。
(私だって、刑務所に来るとは思いませんでしたよー!)

でも、無理をお願いしてとりあえずバッグだけは持ち込めました!

指紋採取中はどうしてもバッグを床に置けと言われ仕方なく床に置くと。。。
私の恐怖と苦労も知らずにスカーレットは、、、、

「キャーーーーーーーン、キャーーーーーーン」
と大声で泣き続けてくれました。
(怖かったのは私だけじゃないんだよね。。。。スカーレット!)

そして、牢屋の奥からは変な叫び声(恐らく囚人)が廊下を響き渡っていました。
(映画のワンシーンみたいなの。。。想像できますっ!?)

ちなみに不機嫌なおば様は私の指をグイグイと引っ張り、押し付け、指紋採取をしていました。
(とっても痛かった。。。)

挙句の果てに、牢屋の奥から犬の鳴き声を耳にして別の怖そうな男性警察官が登場。
(更なる恐怖!)

手続きが終わると私とスカーレットは逃げるように牢屋を後にしました。
そして私が出ると、再び鉄格子がガチャーんと閉じていきました。

超怖かったー!

なんとスカーレットと私、、、、カナダの牢屋デビューしちゃいました。。。
それにしても驚きました
指紋採取ごときで刑務所に行かせるなんて!
c0164491_1134419.jpg

今日は刑務所に入ってからは写真どころじゃありませんでした。。。。
でも、あの異様な光景、、、写真とれず残念!
そして長い文章になってしまって失礼しました。。。。
[PR]