月曜日にケローナを発ちバンクーバーへ向かいました。

出発直前まで私たちの荷物の準備よりもスカーレットのカルテを記入するのに大忙しでした。
ペットホテルの要望により、毎日の食事やおやつ、サプリメントの指示書を記入。そして、スカーレットの食事、おやつなどの準備です。
なんと言っても、他のワンちゃんの中でスカーレットだけ食事が少なかったり、おやつがなかったら可愛そうですもんね!

さて、バンクーバーまでの道のり、朝の散歩のせいかスカーレットは熟睡。
途中の休憩でも面倒くさそうに車を降りていました。
c0164491_10213541.jpg


バンクーバーでの宿泊ホテルは実は私たちの結婚式を行ったホテルです。
改築も行いとっても綺麗。おまけに犬フレンドリーで、予約なしで入れてくれました。
ホテルの人も私たちを覚えてくれた上、スカーレットにまで挨拶をしてくれました。

翌朝、スカーレットをペットホテルに届ける日は朝6時起床し、バンクーバー市内の散歩です。
久々の都会の散歩でなんだかスカーレットの足取りも軽やかです。いつもと違う場所だからでしょうか?明らかに嬉しそう~!
そして、久々に道のど真ん中でウ○○をしてくれました!考えてみると、ケローナに引越して以来、芝生が当たり前でしたが、さすがに東京で育った犬です。道路のど真ん中でお手洗いを済ませるのも躊躇ないようです!
c0164491_10112543.jpg


時間はあっというま!ペットホテルにチェックインの時間がきてしまいました。
ホテルは赤レンガ倉庫のようなところ。でも、中は驚くほどモダンでお洒落な感じの場所でした。

私が足のリハビリの説明などをしてる間にスカーレットはホテルのスタッフに抱かれて何故か落ち着いていました。そして、一通りの手続きを終えるとホテルの中へと連れて行かれてしまいました。珍しくあまり泣いてなかったのでちょっと安心です。きっとホテルのスタッフに安心したのかな。。。。

むしろ私のほうが寂しくて、くらーい気持ちになっていました。
c0164491_10542927.jpg


でも、それもつかの間、私たちは空港へ直行しなければなりません。
そして約5時間のフライトを経てモントリオールへ、世界で2番目にフランス人の多い都市です。

続く。。。。
[PR]