今朝もオモチャをくわえて元気良く遊ぶスカーレット。
それでも鳥の鳴き声のようなピーピー声は健在です。まだ痛いのかな~!??

怪我も忘れて、いつも同様椅子に飛び乗ろうと頑張る体勢。。。もちろんママはすかさずブロック!そしてスカーレットのピーピー声は更に拍車がかかります。本当に困ったー!

いじけたスカーレットがいつの間にかとっても静かです!でも、、、、なんか変。。。。あまりに静か過ぎる!

ドキッ。。。。「スカーレット~!」と呼んだけど反応なし!
一瞬、スカーレットが痛みのあまり気絶して家のどこかで倒れてるのではなど脳裏を横切りました。家中探してもスカーレットちゃんの姿は見えず。。。泣きそうな私。。。。

そして、ふと目に入ったのは前々からパパには注意をしておいたにも関わらず開放状態のパパのクローゼット。そうです、何故かスカーレットが隠れ家として利用するのがパパのクローゼット。

スカーレット発見!しかも眠ってる。。。でも良かったー、元気だね。
ただ、、、、こんなに散らかしちゃってパパに怒られるよー

c0164491_537411.jpg


さて、実は大きな問題が。スカーレットが食べ物を全て拒否します。
人の努力も無視して、手作りフードさえも拒絶です。
再び困リましたね。体力つけなきゃいけないのに。。。。

そんなとき、丁度経過確認のため獣医さんから電話が!
ということで、獣医さんが心配をしているので、午後は再びお医者様へ行きました。
ピーピー泣いてる理由と食事拒絶対処法の相談です。

そしてショッキングなことが!
実はスカーレットの足を伸縮運動するとき「カクっ」って音がするんです。私も昨日から気になっていたんですが、先生は、ひょっとしたら骨を切ったときの切断が足りなかったのかもしれない、それが原因で痛みもあるのではないかと言っていました。

この対処方は更なる手術でまた骨を切除するとか。
「エーーーー!」としか言葉でないですよねっ。この子にまた痛い思いさせるなんて!
ちょっと怒りもこみ上げましたが、文句を言っても仕方ないのでとりあえず今後の経過を見ることにしました。先生曰く30%の確率で再手術だそうです。どうか、この30%になりませんように!

ということで、ショックの中お医者様からは痛み止めとフードを頂き帰宅。
そして、ピーピーと泣いてる原因を治すためにもケージでの中での安静時間を増やすようにとのこと。

もちろんケージの中のスカーレットは不機嫌度100%でした。
でも私も心を鬼にしないと!

フード、、、食いつきは悪いけど、手で頑張って食べさせて70%食べてくれました。
術後など専用の栄養フードらしいです。レバーとかチキンとかいろいろと入っています。
明日はもっといっぱい食べてくれますように。。。。

c0164491_12595047.jpg

[PR]