朝陽がまぶしい日はバギーを押しながら、ゆっくりと長時間のお散歩気分♪

c0164491_441261.jpg


日差しはとっても強いけど、朝の気温は12度。

c0164491_494049.jpg


人通りの少ない朝の方が怖がりジャスミンは最高にリラックスできます。

c0164491_414838.jpg


c0164491_4205441.jpg


そんな平和な時間でしたが。。。

途中で猫が飛べないオカメインコを襲ってる現場を目撃!

とっさに他に散歩をしていた女性と一緒に私もオカメインコのレスキュー活動開始。

幸い、私はバギーの中にブランケットを持参していたので、ブランケットで保護することができました。

まさに間一髪でした!



↓ バギーの中に保護
c0164491_4271854.jpg


命に別状はありませんが、多少猫に襲われて軽い怪我をしていました。

獣医に行く前に鳥が恐らく逃げ出したと思われるすぐ横のビルのコンシェルジュに飼い主に心当たりがないか聞くことに。。。

なんととってもラッキーなことにこのビルに住むイラン人のお年寄り夫婦のオカメインコということがすぐに分りました。


すぐに連絡をとったら、お婆さんが涙ながら「オー!チャーリー、チャーリー」とロビーで鳥を大切そうに抱きしめていました。

横にいた私たちまで超感動しまくり。。。!


命を救って、感動の再会を果たせて。。。 あとちょっと遅かったらチャーリーはこの世にいなかったかも知れない。。。 

そう思うと本当に命を救えたことが嬉しく感じました。

この老夫婦、インコがわが子同様で毎朝肩に乗せて外を歩いてるそうです。 (インコは飛べないように毛をクリップされてるらしいです)

c0164491_446397.jpg


なんとなく持ち出したバギーでしたが今日はインコちゃん専用バギーとして活躍してくれて良かった!


今日は感動と同時に自分のワンコがもし行方不明になったらってなんてぞっとすることを考えて心配しちゃいました。

c0164491_4533995.jpg


c0164491_4553484.jpg



あのチャーリーちゃんがきっと最高の運の持ち主だと信じて、今後もずっとずっと幸せに暮らせますように。。。 

そして、今回の怪我が早く治りますように。。。

c0164491_533692.jpg

[PR]